性病検査の重要性

近頃性病(STD)は爆発的に増加傾向にあり、 現在の日本では性感染者は600万人以上と言われています。
この性感染者の増加の主な原因は、若い人を中心とした性の開放化・性モラルの低下や性の低年齢化等が原因と言われています。
性に対する価値観が開放的な傾向が強まる中、その傾向に学校での性教育や性病の知識が伴っていないことが大きな問題になっています。
性感染症を未然に防ぐには正しい性に関する知識が必要です。感染の可能性を感じたときにはすぐに性病検査をする必要があります。

性病とはなんでしょう?

性病とは広義には淋病・クラミジア・カンジダからエイズやヘルペスまで、性行為などの性的な接触によって感染する、感染症全般を指すように使われていますが、正確には1945年性病予防法で定められた 淋病(りんびょう)、梅毒(梅毒)、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径リンパ腫(そけいりんぱしゅ)の4つの 疾患をいいます。
古くは性病を花柳病(かりゅうびょう)とも呼びました。感染経路は性的接触や輸血など医療行為、注射器の使いまわしによる血液感染。感染部位は性器内部、性器周辺、口腔、喉など。

これらの疾患は細菌によるもので、近年は減少傾向にあります。上記の細菌性疾患である性病に代わって増加傾向に ある疾患がヘルペス・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・コンジローマなどの性感染症です。

現在では性病という言葉に代わってもっと広い意味での「性感染症」という言葉が広く使われています。

性感染症とは?

性感染症はヘルペス・クラミジア・カンジダ・コンジローマ・HIVなどでウイルスやカビ・微生物などが原因です。
性感染症は性病とは違って症状が分かりづらいので自覚症状無くパートナーに感染させてしまうことや、 治療が遅れることにより病状が進行し、不妊になってしまうこともあるのです。
もし、性感染症に感染していまったら 自分一人で治療するのではなく、パートナーとともに治療をしましょう。
パートナーが感染した状態で 自分だけ治療をしても、バートナーとの接触により再び性感染症になってしまうピンポン感染にも注意です。

性感染症は本来性病とは呼べませんが、 性病と合わせて性接触で感染するすべての疾患を性感染症やSTDと呼ぶことが一般的になってきています。

タグ

2012年2月29日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

復縁を諦めてしまったあなたへ - 復縁方法

あなたは復縁までの道のりを、どんな風に想像していますか?
「あまり期待して裏切られると辛いから、初めから期待しないでおこう」と半ば諦めの気持ちで考えていませんか?
そうなってしまったのは、おそらく一度振られて傷ついたため二度と傷つきたくないという心のバリアだと思います。
確かに相手に裏切られるのはとてもつらいです。
はじめから何も期待しなければ、また傷つくこともないでしょう。
しかし心のどこかで復縁できるかも。復縁したいな、と期待しているものです。その気持ちを大切にして前向きに動くことも大切ですよね。
「どうせできないかもしれないけど、とりあえずやってみよう」よりも
「できるかもしれない。できるだけのことはやってみよう」の方が行動を起こしやすいですよね。

前のあなたから脱皮してほしいのです。
とはいえ、何の裏付けもなく「復縁できることを信じましょう」と言われたところで、とうていそんな気になれませんよね。
ですから、何か前向きに動き出してください。
いきなり会いに行って「やり直そう」なんて言う必要はありませんが、せめて自分がこうしたいと思ったことくらいは、信じて前向きにやってみてはどうでしょうか。

ただたんに傷つく事が怖くて後ろ向きになるのではよくありません。
厳しい意見ですが、前向きに考えられる心の強さを持つことは、今後、復縁してお付き合いしていくうえでも絶対に大切なことです。後ろ向きな考えは、今のうちに克服することをおすすめします。

復縁占い

タグ

2012年2月29日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁方法

依存しすぎが原因の別れ - 復縁方法

依存性の高さを知る
まず初めにあなたに質問です。次の質問にイエスかノーで答えてみて下さい
・重大な決断をひとりでは判断することができない
・自分の意見に自信がない
・困ったときには誰かが助けてくれると思う
・相手の話を聞くよりも自分の話の方が多い
・デートで「何食べる?」と聞かれると返答に困ることが多い
・ひとりでいることは嫌い
・友達よりは恋人に癒されたい
・相手の意見従うことが多い
・愛されていれば、ありのままを受け入れてもらえると思う。
さて以上ですが、あなたはいくつ「イエス」がありましたか?
この質問にイエスが多ければあなたは、依存的な性格だと言えます。

別れの原因に、相手に依存しすぎていたと考えている人は多数います。
これは女性に多そうですが、実は男性の方が多いのです。
男女問わず相手に依存していることは別れに大きく影響を与えていると思われます。
とはいえ、人間は一人では生きていけません。必ず誰かに支えてもらったりする必要があります。
なので、誰にも頼らず一人で生きていった方がいいなんてことは言いません。
しかし、あまりにも度が過ぎてしまうとそれは「依存」と言われる状態になってしまいます。
ただ、依存の感覚は人それぞれ違いますよね。
自分では依存だと思っていなくても、相手には依存と感じられてしまうかもしれません。

もしあなたが、今の自分を変えたいと考えているのなら、だれか明確な目標を持ってみて下さい。
それが身近にいる先輩でもいいですし、テレビの芸能人でも構いません。
「こんな風にかっこよくなりたい」と思える目標を持ち、目標に近づけるよう努力してみて下さい。
最初は真似でも、徐々にあなたの人格になっていきます。

依存心の強さは、直らない性質ではありません。
心がけ一つで簡単に直す事が出来るのです。頑張ってみて下さい。

タグ

2012年2月29日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁方法

このページの先頭へ

イメージ画像